ゴルフ , スポーツツアー(英ゴルフ)

2018年 セントアンドリュース・オールドコース体験プログラム

※スマホの場合横にスクロールします

2018年 セントアンドリュース・オールドコース体験プログラム

本プログラムは、オールドコースのスタート時間を、事前に予約し確定させますので、安心してプレーをお楽しみいただけます。

ご予約は4ボールスでお受けいたします。
なお、2ボールスでご予約いただいた場合でも、実際にプレーをする際は 他のゴルファー2名が一緒になり、1パーテイ4名の 4ボールスになりますので予めご了承くださいませ。
オールドコースは日曜日はお休みですのでプレー頂けませんがニューコース、ジュビリーコース、キャスルコース、カーノステイー、 キングスバーンズなどThe Open開催コースを含む他の有名コースを、プログラムによりご利用いただけます。
ご予約前に: オールドコースでプレーをするためには所属ゴルフクラブなどからの オフィシャル・ハンデイキャプ証明書が必要です。
日本語の証明書の場合は弊社にて英文に翻訳いたします。
ハンデイキャプは男性24、女性36以下です。
期間:2018年4月~10月
4泊、5泊プログラムからお選びください。
料金はご利用になるホテルにより異なります。
ご利用ホテル: オールドコースホテル

プログラム料金に含まれるもの

  • オールドコース1ラウンドを含む、一日1ラウンドのセントアンドリュースとその近隣有名コースでのご予約とグリーンフィー
  • ホテル宿泊費。1室2名様ツイン/ダブルルームご利用の場合のお一人様分。シングルルームをご希望の際はお問い合わせ下さい。
  • ホテル滞在中のスコテイシュブレックファースト
  • クラブハウスでのランチ
  • ご滞在ホテルにて3コースデイナー1回、ご予約が確認された後、デイナーのご希望日をお知らせ下さい
  • ホテルとゴルフコース往復専用車(一日一グループあたり一往復)
  • オールドコース1番ホールテイーグラウンドでの記念写真
  • セントアンドリュース ゴルフ博物館見学ツアー
  • ご滞在中の専任アシスタント

プログラム料金に含まれないもの

  • レンタルゴルフクラブ、シューズ
  • キャデイー料金とチップ
  • ご到着空港(エジンバラ、アバデイーン、グラスゴー)までの航空券(交通費)
  • エジンバラ空港到着時や出発時がご不安な場合日本人アシスタントがお手伝い致します。
  • スコットランドが不慣れでご不安な場合など、ご滞在中の全部または一部に日本人ガイドが同行いたします。
  • ご到着空港からご滞在ホテルへの往復専用車

(1) お申し込み方法
以下をEmail にてお知らせください。
オールドコースでのラウンドご希望日、時期について、できれば第一希望から第三希望日まで
(選択肢が多いほど可能性が高まります)

  • 参加者全員のお名前(パスポート記載通り)、ご住所、お電話番号、Email アドレス
  • ご希望のプログラム 4泊/5泊、お部屋タイプ、ツイン/ダブル/シングル等(追加料金が掛かります)
  • プレーを希望される選択コース名
  • 所属クラブのハンデイキャップ証明書
    (スキャンしたものをEmail添付にてご送付下さいませ。日本語のみの場合は弊社で翻訳させていただきます。)
  • (2) ご予約の確定
    ご予約が確認されましたら、デポジットの代金といたしまして、
    弊社より費用総額の50%のご請求書をEmail添付にてご送付いたします。
    ※ お支払い済みのデポジットは返金不可となっておりますので、予めご了承くださいませ。
  • ご予約を最終確定させるため、残額をご到着13週間前までにお支払い下さい。
    ※ お支払い済みの代金は返金不可となっておりますので、予めご了承くださいませ。

 2018年 料金 (1名様あたり)

こちらはツイン/ダブル2名様でご利用いただいた場合の料金です

4泊プログラム

オールドコースホテル
Eden Parkland facingルーム
オールドコースホテル
Course facing ルーム
4月-5月/10月 £2,865~ £2,985~
6-7月 £3,045~ £3,185~
8-9月 £3,195~ £3,335~

5泊プログラム

オールドコースホテル
Eden Parkland facingルーム
オールドコースホテル
Course facing ルーム
4月-5月/10月 £3,555~ £3,720~
6-7月 £3,770~ £3,945~
8-9月 £3,920~ £4,095~

各プログラムでは、オールドコース1ラウンド(出発時間保障)と、選択コースでの規定数のラウンドプレイができます。規定数は、4泊コースが3ラウンド、5泊コースが4ラウンドとなります。選択コースは、カーノウスティー(£150追加)、キングスバーンズ(£150追加)、ニューコース、ジュビリーコース、キャッスルコースからお選びください。

以下は一般的な日程表となります。ご利用になるフライトの到着時間や出発時間等により、お客様の日程に合わせて、最善になるよう調整させていただきます。
オールドコースでのラウンドのお日にちは予約確認時に決定されます。(変更のご希望は承りかねますのでご了承くださいませ。)
同様にオールドコース以外のコースのお日にちも予約確認時となりますが、できる限り ご要望に沿うよういたします。
ホテルでのデイナーはご希望のお日にちに設定させていただきます。また、ゴルフ博物館見学ツアーにつきましては、全体の日程をもとに 設定いたします。

4泊プログラム 5泊プログラム
1日目 空港着 (エジンバラ、アバディーン、グラスゴー)
フライトの到着時間により早い場合は1日目での
ラウンドが可能ですが遅い場合は4日目に繰り越しとな
ります。
同左
2日目
3日目
ホテルにて朝食
プログラム中のコースにて1ラウンドプレー
クラブハウスにてランチ
終了後、専用車にてホテルへ
2/3/4日目のいずれかに、専用車にてゴルフ博物館見学
ホテルにて朝食
プログラム中のコースにて1ラウンドプレー
クラブハウスにてランチ
終了後、専用車にてホテルへ
2/3/4/5日目のいずれかに、専用車にてゴルフ博物館見学
4日目 ホテルにて朝食
プログラム中のコースにて1ラウンドプレー
クラブハウスにてランチ
終了後、専用車にてホテルへ
同左
5日目 ホテルにて朝食
初日にラウンドができなかった方は、プログラム中の
コースにて1ラウンドプレー。
クラブハウスにてランチ
終了後、専用車にてホテルへ
専用車にてご出発空港へ
ホテルにて朝食
プログラム中のコースにて1ラウンドプレー
クラブハウスにてランチ
終了後、専用車にてホテルへ
6日目 ホテルにて朝食
初日にラウンドができなかった方は、プログラム中の
コースにて1ラウンドプレー。
クラブハウスにてランチ
終了後、専用車にてホテルへ
専用車にてご出発空港へ

■「ゴルフの聖地」のみならず魅力あふれる歴史の街

セント・アンドリュースは、単にゴルフだけの街ではありません。ここには長く激動の歴史があり、その足跡は街のいたるところに見ることができます。古くから学問の地として知られ、スコットランド最古のセント・アンドリュース大学があります。セント・アンドリュース大聖堂は、かつてはスコットランドの宗教の中心地。隣接する聖レグルスの塔には今も上ることができ、街と周辺の絶景が望められます。また、広大な敷地に幅広い種類の植物を見ることができるボタニック・ガーデン、ヴィクトリア調の大邸宅キンバーン・ハウスはセント・アンドリュース博物館として一般に公開されています。

その他、海岸沿いのウォーキングコースやサイクリング・ルートも充実。おしゃれなビストロやカフェなどの休憩スポットも街中に点在。1時間に1本運行しているオープントップの2階建てバスツアーを活用すれば、水族館、ゴルフ博物館、セント・アンドリュース大学や大聖堂などを効率よく回ることが可能。コンパクトですが、古さと新しさ両面が溶け込み清清しさすら感じられる街です。

■おすすめスポット (外部リンク・英語)

ブリティッシュ・ゴルフ博物館 / セント・アンドリュース
セント・アンドリュース城 / セント・アンドリュース
セント・アンドリュース大聖堂 / セント・アンドリュース
セント・アンドリュース水族館 / セント・アンドリュース
St Andrews Preservation Trust Museum and Garden / セント・アンドリュース保存協会博物館・ガーデン
St.Andrews Tourist Information Centre / セント・アンドリュース観光情報センター

コースの紹介

セントアンドリュースコースの紹介

オールド コース Old Course

ゴルフの生誕の地、セントアンドリュースオールドコース。
400年前からプレイされていたといわれる。オールド・コースは”あるがまま”を理念としており、”神が造りたもうたコース”と畏敬の念をもって呼ばれている。
長い年月をかけて海と強風によって造り上げられた自然の地形をそのまま利用したまさに神の領域とされるゴルフコース。

ニュー コース New Course

ニューコースといってもここ最近にできたものではなくプロゴルファー、そして当時ゴルフ設計でも有名なトム モリスによるデザイン設計のもと1895年にオープンしたコース。
オールドコースの特徴も取り入れながらそしてモダンな部分も持つユニークなコース。

 ジュビリー コース Jubilee Course

1897年6月22日にオープンしたコース。
この日はクイーンビクトリアの即位60年祭の記念日だったことからついたコース。
セントアンドリュースの中では最も長い距離のコース。

キングスバーンズ コース Kingsbarns Course

コースは1793にオープンし、空軍により徴用され、戦争後もそのままリンクスとして放置されていましたが90年代になって、コースデザイナー「カイル・フィリップス」の手により、自然なコースを残しつつ人工の手をいれて作られたことにより本物以上のリンクスの特徴を備えた素晴らしいチャンピオンコースです。セントアンドリュースの町から車で30分弱の距離にございます。

カーヌスティ コース Carnoustie Course

1840年にオープンし、これまで全英オープンを7回開催している。スコットランド特有のリンクスコースであり、非常に戦略性が高く、さらに他のリンクスコースにないバリー・バーンと呼ばれる小川が流れており、このバリー・バーンがコースの難易度をさらに高めている。1968年にこのコースで優勝したゲーリー・プレーヤーは「世界で最も難しいコース」と語るなど、全英オープンの開催コースの中でも一番難しく、世界のゴルフコースの中でも5本の指に入る難しさといわれるコース。